UBER配達100件した時間帯別客層分析!

こんにちは!

SUGENです。

 

招待コードです↓↓↓↓

https://partners.uber.com/i/tdito3

 

先日、初めて100件を突破いたしました。

 

 

 

学業と自らの活動の合間を縫っての配達だったので26日での100件突破でした。

 

僕はたいてい1日やる、もしくは21時スタートの家に帰ってきてから体力があればするといった形を取っていました。

1日費やすときは10時~14時18時~22時で行い間の時間はTOEICの勉強だったり、写真の現像作業だったりとうま~く時間を使っていました。

 

 

 

トータルでみると時給は1400円ほどなので、運動になるし僕みたいな学生にとってはいいバイトなのかなと思います。

 

 

 

というわけで、こんな感じでUBERの配達をやってみた分析をしてみたいと思います。

基本的にUBERを頼む人には3つのカテゴリーがあると思っています。

あくまで私の個人的な感想です。

データに基づいた分析ではないのでご了承ください。

 

 

①収入が高所得、もしくはその奥様。

 

これはUBERがターゲットにしている層の一つだと思います。

資金力があるがゆえにあまりお金にとらわれない方たちです。

UBERをやめる方の中にはこの方たちとの圧倒的資金力の格差を目の当たりにしてやめる方もいらっしゃるかと思います。

 

私は全く抵抗がありませんでしたが、結構きつい人もいると思います。

 

この層の人が頼む時間帯は

 

平日 11時~13時

   17時~19時

 

休日 9時~13時

   17時~19時

 

 このような傾向があるように思います。

基本的に規則正しい時間に頼むことが多いです。

特に昼の時間は奥様と思われる方が注文していて、休日に関していえば朝ごはんをUBERで頼んでいるのだと思われます。

 

食べ物に関していえば、配達料の方が高いのでは、、、と思われる料理からしっかりとご飯を頼んでいる人まで様々です。

 

この人たちは、徒歩1分のマクドナルドでさえ注文します。

圧倒的時間の節約です。

 

高所得だから高価な料理なのでは、、、

 

そんなことありません。

 

 

 

ファストフード大好きです。

ファストフード率かなり高いと思っています。

マクドナルドで注文がありその近くに高層マンションが見えればアプリを見る前に想像つくほど確率高いです。

 

 

②ご飯を食べに行く時間さえ惜しい仕事人

 

 

ご飯を食べに行くのにエレベーターで降りて歩いていく時間でさえ惜しい方たちです。

この方たちの時間は

平日 11時30分~13時 

 平日の昼のこの時間帯のみです。

UBERにとって少し配達しづらいのがこの方たちですね。

何しろ会社まで届けに行かなくてはならないのでマンションに届けるよりも難易度は高めです。

 

③帰宅時間の遅いアパート住人

 

 

この方たちは帰宅時間が遅いがゆえに、ご飯を作るのが面倒でコンビニへ買いに行くのもめんどくさい、じゃあUBERにするか。

(勝手な想像です、いつもご利用ありがとうございますぅ!)

 

平日 21時~24時

 

この方たちは帰宅時間が遅いがゆえにUBERを頼んでしまう方たちです。

なぜかアパート住民の方が多いです。

長めの配達になることもしばしば。

 

 

 

以上がUBERを頼む人の分析になります。

ちなみにこれは私が活動している新宿、渋谷地区での分析になりますので他の地区は知りません。

ただ、渋谷、新宿の多くは、東は高層マンション多め、西に行くにつれて低層マンション、アパート、一軒家が多くなる土地です。

そのため、客層が様々でありどんな時間帯でも配達が出来るほどの稼ぎやすい地区と言えます。

 

 

 

 

私が分析した客層はかなり的を射ていると思っています。

現にUBERによるブーストの時間帯別では日中、もしくは21時までは新宿、渋谷近辺が対象になりますが、その時間帯以降になると中野や杉並に移動していきます。

 

 

 

 

これはふつうに考えれば当たり前のことなのですが、分析しながらUBERをしていくと本当に面白いです。

実際、私は1日で10000円を突破している日もありますし、自分の分析が直接結果に結びつきます。

 

UBER配達員の皆さん、ぜひ自分なりの分析で業績を伸ばしていってください。